人気ブログランキング | 話題のタグを見る

物語の個人連載 一覧はカテゴリ「創作」から


by うさっち
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

220629



今回Upしたのは4月に描いたイラストです
まだ日当たりが心地よかった季節の頃の、好きで描いてたものです


ーーーー

今年は異常な早さで梅雨が明けましたが
7月も迎えぬまま、すでに気温は真夏日、人生リタイア寸前です
見かけたネット記事によると、日本の夏はインドより暑いって言う人もいると知って驚愕しました、、

6月の梅雨明けは統計開始以来始めての出来事だそうで
近年の気候はおだやかでない、、


# by usacchi2006 | 2022-06-29 19:06 | 楽屋裏 | Comments(0)

220627 進捗


●16日 ラフ

220627 進捗_f0051248_23371681.jpg

大体こんな感じにしようと検討するだけの図です
自分用なので自分に分かるようにしか描いていません
線はものの30分もかかりませんが、構図と配置を決定するまでに多くの時間を費やします



●27日 経過

220627 進捗_f0051248_23412280.jpg
残念ながらまだ線画も完成しきっておりません
今月は先述した理由も踏まえ、本当に進みませんでした

キャラクター線画も、アナログで描くか、ラフをそのまま弄ってオールデジタルにしようかと
今回は本当に多く悩み、いっそのこと両方やってみて比べてみたところ、
アナログのほうが良くて結局いつもどおり、徒労に終わりました
まあでもこういう選択も、今後応変していかないといけないなぁとは思いました

背景のほうは、線画の段階で構造や質感を決めていました。
こういうのも、普段何気ない外の景色やら、動画で見た建物から、これ描きたいなぁと思ったのを
保存していて貯まった中から、そういうのを展開していきました
なんとかの描き方~とか、そういうのは一切触れていません
まあこれもミスがあって、後ろの教会は1度描き直しをするはめに・・・


コンセプトは、物語導入を飾るものになっていて、迷走するフランチェスカを描いています
周りの建物が囲い込んでくるような、その下を、彼女が潜り抜けていくような姿です
迷走の中でも、表情がしっかりと保たれているのは、彼女の芯の強さと言うことで#7の詩が絡んできます

肉体も精神も疲弊しているかもしれない、けど彼女の本質はなお、世俗に負けていません



# by usacchi2006 | 2022-06-27 23:59 | 楽屋裏 | Comments(0)

220623 加齢と戦う


先日拒否反応と書いたけど
描くことが嫌いになったわけでなく、むしろ、その辺の事情は
ゆっくりだけど、次第に新しいステップを踏んでいることに実感を得てるため
意欲は一層高くなっています

どういうことかといえば単に体力的な限界にきているのが現状かと思います
年齢が、まだ40代までは時間がありますが体力的に衰えていくフェイズに入ってますし
徐々に当たり前が出来なくなっていくのは感じます

30の前半から、肉体労働してても、一定の力を出し切ると痺れが出てきたりして、
ピークって言うのが出てくるようになりました
その限界ラインってやっぱり目に見えて下がってくるわけですね
もちろんそのラインを上げることは、年を重ねても出来ますが、ピークは必ず設置されてあります
絵も、筋肉を使うわけでなくても、体力ですから
一見はやる気とか精神の衰退とか、そういうことに間違えやすいかと思います

自分はこれから頑張るって人なので、あんまりこういうと言い訳になってしまいますが
再開時期はあれでも遅すぎたと、今になって痛感します
技術や情報は後期のほうが発展してますので、遅いほど取り入れるものは得かもしれませんが・・
まあ、悔しいかなと思います
いろいろなことで忙しかったので、こう収まるしかなく、呪うに呪えない人生です
むしろ今描けてること自体、実は自分にとって奇跡みたいなものなので
事実を踏まえつつ、後悔の無いように、この道をいきたい

ほんとにもう、限界を迎えてから毎日眠くて、
最近は気候異常ですから暑さもあいまって、しんどい日々が続いています
自分は常に寝不足を抱えてる分、暖かくなると眠れるようになるのはメリットなんですが
起きてみれば体が重かったり、スパッと起きたと思っても2,3時間後にはすぐ眠くなっていたり
日々、いつもと違う内側の状況を、体感します

それでも、文頭には書きましたが、
新しいステップに、日々変わる能力を喜びとしつつ、掴んだ環境に感謝し
限りある時間にはなりますが、出来る範囲で続けていきたいと思う

思う・・・・けど、こういうご時勢なので
やっぱり、元々食べていける分野ではないし
創作界隈と言うのは、認知が進むことで徐々に規制など風当たりは厳しくなるので
まあ、本当に生活の中で出来る範囲でって感じですね

振り返ってみればこういう再生人生、実は二度目、三度目に当たるんですが
若いのもあって、心のバネというものを使って、いずれも唯一無二の結果を残してこれました
只、その後の衰退も急速でしたが・・・
しかし今回は競争相手と見たときに、相手が多すぎるし
いずれの方も、自分よりもはるか努力をしているのは理屈で説明可能なほど明らかです
まあでも努力と言っても、知恵が備わってないと無駄を多く重ねることになりますし
将来そこの差が出るかでないか・・・かけてるところではありますが、あんまり言わないほうがいいな

そういうことでチャンスは極めてわずか、カスほども無いと思うので
気長にいければ、あわよくば一生出来ればいいなと思います。
紙とペンと、最悪気持ちだけでも出来ますからね
結果を出したものはいずれももう辞めてますので、今度はそういう戦いを、自分でします

# by usacchi2006 | 2022-06-23 23:24 | その他 | Comments(0)