人気ブログランキング |

絵を描くのが好き   ご連絡はPixiv、ご依頼下さる方はSKIMAからお願いします。   (twitter垢は所持していません)


by うさっち
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2018年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

線画

線画_f0051248_02181594.jpg
イベント出ると決めたら描きたいものがいっぱい増えて、自分があと2人ぐらい欲しい状態です。
絵は描いてるんですけど、未完成やらなにやらで複数溜め込んでる状態です。
そんな中、結構線画で詰まることが多いので、もっといい線画の作り方はないかと調べてました。


(使用ソフトはclipstudioです)

■輝度を透明度に変換
いやこれすごい。昔からずっとこういうのどうやってやるのか分んなくて、線画レイヤーを乗算とかしてたんだけど、ボタン一つで解決でした。
パス使ってる現状、これで線画を作ることはなさそうですが、背景なんかは線で塗る部分も出てくるので、今後役立てられそうです。
もっと上手になったらキャラクターもこれで描く時があってもいいかなぁ。

■ベクターレイヤーにベジェで線を引いて修正
ベジェ曲線のパスデータどこに出るんだと思ったらレイヤー設定でした。
そしてこれで初めて線修正ツールの使い道を知る……orz
慣れるの大変そう。

でもこれ面白い。
3次ベジェでおおざっぱに始点と終点を打って後から修正かけてもきれいな曲線は引けるので、簡単だなぁと思う部分も結構ある。
掛かる時間も大差なさそうなので、少し使って慣らしてみたい。
ただ、消しゴムでちょっとだけ消すとかが出来ないのが苦しいというか。
まあ、使ってから考えよう。

by usacchi2006 | 2018-08-22 18:53 | 絵の楽屋裏的な | Comments(0)

20周年!

20周年!_f0051248_03492239.jpg
またイベントの話です

今年はONEも20周年になりましたが、サンクリも次ので20周年ということだそうです。(前にも書いたっけ)
この時期に帰ってきたのはホントにいい巡り合わせです。
両方ともとてもお世話になったので、次作る本で祝えたらいいなと思います。

参加できるといいな!

by usacchi2006 | 2018-08-17 04:17 | 二次創作 | Comments(0)

夏コミ行ってきました。

夏コミ行ってきました。_f0051248_07495195.jpg
参加者様各位、お疲れ様でした。私は一般参加で最終日に行ってきました。
夏コミは今まで殆ど行くことがなく、理由は暑いのと仕事疲れが相まって100%楽しめないからなんですが、今年は自発的に頑張りたい気持ちに駆られて行って参りました。行った甲斐あって、今後の創作活動に対してもいい刺激になったと思います。
背景本中心に回ってました。買ってて思ったけど自分は背景が、描画スキルの上で必然だから学ぶんだと思っていましたが、実際はただ好きなのかもしれない……。
まあ知識ないですけどね。

サークル参加するという構想も立ちました。自分は気持ち的にやっぱりサークル参加がいいですね。
そう思い立ったところ、またちょうどいい時期にサンクリがあるんですよね。なので11月のサンクリに応募してみようと思います。

助言を貰い、今度はイラスト集を作ってみようと思います。
一応、ジャンルコード的にKanonか旧keyで纏めようとは思っているんですが、アズレンでも一冊出したいです。後者は出来たらで。
Pixivで上げた絵をまとめる形になると思うんですが、修正加えたいのいっぱいあるので丁度いいかとも思います。

予定は未定ですが、まずベジェ曲線を修正する方法さがさねば。
パスの為だけに旧Photoshopを動かしている現状を打破……

by usacchi2006 | 2018-08-14 08:10 | 二次創作 | Comments(0)

描画時間

描画時間_f0051248_06440357.jpg
さて今回は、今一体どれぐらいの時間を要して、絵を完成させているか、です。

今日貼ったこの絵に関して言うと、下書きから数えて、ここまで大体8時間ぐらい掛けてます。
背景は素材なので、加工時間15分ぐらいだと思います。引いても7時間強?試行錯誤の時間も含みます。

分割して考えると、

下書き1時間半ほど、取り込んで線画作成でこれも1時間半ほど。塗って5時間ぐらい。
色塗りに関しては下地を全部塗って、次に影つけて、輪郭に色つけて、光調節しての段階で、下地だけなら20分そこらですが、影つけからは試行錯誤がかなり含まれるので時間が沢山掛かります。
全体的に作業の進みはのんびりなんですが、見落としとかのミスを減らすためなので、速く描こうとはしません。
塗りの段階で線画をいじることもあります。場合によっては大きくカットして拡大&縮小してみたりとか。まあこれは下書き段階でのミスだと思います。
これを減らしたくて、下書きもきれいに描くようになりました。こないだ鉛筆で塗ってたやつは、その練習でした。

前にクリーブランド描いたやつが(私の中では)圧倒的に速くて、下書きから多分5時間で終わったんですが、のちに致命的なミスを発見し、大きく修正かけることになったのは記憶に新しいとこです。

またこれが細かい絵になると全然変わってきます。
下書きから線画修正までで一日掛けることもあります。背景も、手を込ませたやつは2日以上使ってるのもあります。
これは試行錯誤、やり直しが多い為で、経験不足からくるものだと思います。
陸奥の時も、江風の時も、何日かに分けて、日を改めて背景を見直し、その度に手をかけ直すという作業を繰り返してます。
特に苦しかったのは陸奥の髪飾りの細かさで、下書きがあまりに汚くて役に立たなかったため、データ上で新しく描き直していたのですが、ペンタブでダイレクトに描きこむというのが実は苦手なので、ものすごい時間を要しました。

昔は時間が掛かると分かった瞬間、省くのが自分の鉄則だったのですが、今それやると成長しないので極力しないように努めています。
前に描いたグリッドレイなんか見てみると足りないものがいっぱいありすぎるような。わかればよいという楽観主義なのかなんなのか。

まあでも速いに越したことないと思います。
時間を有効利用することにもつながるし、それ自体が時間を有効利用しているとも言えるんじゃないかと思います。
プロが背景を一日で一枚描き上げるらしいですから、仕事には納期もありますし、速さが必要な場面もあるかと思います。
速くするにはテキパキ動くことも勿論ですが、止まってる(考えてる)時間を減らすことも、自分にはまだまだ出来そう。
なんにせよ、経験値ほんと足りないなぁといつも思う。引き出しを、増やしたい。

by usacchi2006 | 2018-08-05 07:30 | 二次創作 | Comments(0)
絵を始めたころとか、色塗りとかの話_f0051248_00362362.jpg
ONEの里村さん。
当時はダントツに可愛いと思っていましたが、この頃まだ、いたる先生を知らなかったうさっちです。
それどころか作品のスタッフすら意識することなく、創作を追い求めてた頃です。

イラストは子供の頃からの趣味でしたが、始めはオリジナルが多く、二次創作は大体アニメの模写でした。
多分、既存作品は「作った人の持ち物だ」という意識があったから、自分に取り込むということはしなかったんだと思います。
だから模写だけして、それを動かすという部分には触れなかったところがあります。

コンテンツの中でも、ギャルゲーのイラストが良いなあと思い、ギャルゲーにはまってから二次創作らしきものも描き始めました。
当時は雑誌のハガキ投稿がどこにでもあったので、(今でもあるのかな)その影響もあって。
ちなみに投稿はしてたけど、載ったことはありませんwどっかの同人イベントのパンフレットに何かが載ったぐらいです。

エロゲ塗りとかいうやつですか、当時は本当に綺麗だと感動してまして、正直言うと今でも好きです。
というか絵にでに出まくってますね。
この技術を持つと、自分でゲーム作ってみたいななんて野望も湧くんですが、今は描くを追求するだけを楽しんでます。
でも区切りいい所でスイッチ切り替えたいです。

■色塗り
最近難儀してるのは、下地の色とその影の色の差。それからその鮮やかさの差。
描く光景によって強弱様々っぽいけど、合わないんだよなぁ、塗り出しは概ね失敗してる。
時間を掛けて、何回も調整して、また時間を置いてからまた見直してって繰り返して、その度調整してやっとって感じです。
(但し、見本からそっくり色を取ってる時もあるので、その場合は例外です)

濃い色を出す時に同じ色を混ぜるんですが、これ黒に変えたら少し落ち着いた感じに。
色によるかもしれないけど。場合によっては少し違う色を混ぜることも。
肌色が難しい。暗い所は赤みがけたいけど、イメージ通りにはまずいかない。3通りぐらい塗り比べてる。
多分この絵の肌色も、もうちょっとあったのがあると思う。(10日前の絵のなので、振り返った感想)

距離感も関係してるのかな。遠い方が差は強い感じはある。

これも踏まえて前回の反省をすると、塗り出しが薄いんじゃなくて発色自体がおかしかったという結論に。。
地は薄い色でも、、むしろそれでいいんじゃ、、、なんか。

by usacchi2006 | 2018-08-01 01:29 | 二次創作 | Comments(0)